芥川龍之介『藪の中』の犯人を捜してみよう!

2019/01/05   -文芸書

「今昔物語」をベースにした芥川龍之介のミステリー『藪の中』 ただミステリーとして読んでしまうと、後悔してしまうかもしれませんね。なぜなら最後まで犯人はわからないからです。 ストーリー 藪の中で起こった …

芥川龍之介『羅生門』について解説してみました。

2019/01/05   -文芸書

黒澤明監督の映画で有名な「羅生門」芥川龍之介の名作ですね。 最後には消えていった下人が、その後どういう人生を歩んだのか?どのような最後を遂げたのか?が気になったのは私だけではないと思います。 ストーリ …

シェイクスピア『ハムレット』から学ぶ、現代の生き方とは?

2019/01/04   -哲学書

あの有名なシェイクスピアの『ハムレット』 よくテレビや映画などにもなる名作で、一度は耳にしたことはあるのではないでしょうか? ですがこの物語がどこの国の話なのか?最後はどうなるのか?そもそも内容がどん …

福沢諭吉『学問のすすめ』を勧めてみたいと思います。

2019/01/02   -文芸書

日本の紙幣1万円札の人物である福沢諭吉の「学問のすすめ」の解説です。福沢諭吉の半生ともいうべき作品ですね。 ストーリー 福沢諭吉は1835年、中津藩の下級武士の子供として生まれます。 しかし父は諭吉が …

夏目漱石『こころ』について独自に語ってみました。

2019/01/01   -文芸書

    言わずと知れた夏目漱石の名作「こころ」。管理人はこの小説を読んで人生観にだいぶ影響した人間です。 ストーリー 一人の人間(私)は不思議な魅力を持つ「先生」と呼ばれる男性と出 …

スポンサードリンク





読書中にちょっと一息