住野よる

『君の膵臓をたべたい』を読んで。あらすじと結末を解説します。(ネタバレあり)

投稿日:

住野よる氏の「君の膵臓をたべたい』は、本を愛する男と余命1年の女の子の哀しいストーリーです!

スポンサードリンク

ストーリー

志賀春樹はクラスでも地味で目立たない存在の男の子。いつも誰とも関わろうとせずひたすら本を読んでいる春樹であったが、ある日盲腸になって手術をします。そしてその手術後の抜糸のときに病院に来た時に、ある本を拾います。

そこには「共病文庫」と書かれていて、そこには膵臓の病気と一人の女の子の日記が書かれていました。

その本の持ち主は同じクラスの山内桜良。そしてその時に春樹は彼女が膵臓の病気であと数年の命であることを知ってしまうのです。

彼女の病気のことを知るのは身内を除いて春樹だけ。彼は絶対に口外しないと桜良に伝えます。そして彼女が死ぬまでのあいだにやりたいことに付き合ってあげることを約束するのです。

根暗で人と触れ合うことを避けている春樹と、活発で明るくてクラスの人気者の桜良。

お互い正反対の性格の二人が、一緒にご飯を食べたり旅行に行ったりすることで今まで経験したことのないほどの楽しさをしる春樹。だが桜良の身体をむしばむ病魔は確実に進行していたのでした・・・。

スポンサードリンク

管理人の解釈と評価

友人に強く勧められて読んだ本です。とても感動するから読んだ方がいいよと・・・。

結論を先に言わせてもらうと、確かに感動はしましたが涙が出るほどの感動ではありませんでした。ちょっとハードル上げすぎたかな?という印象です。

まぁ読み手によっては嗚咽が出るくらい感動したという人もいますので、そこらへんは個人差をいうことで・・・。

作品の大部分を春樹と桜良の二人が、旅行に行ったりご飯を食べたり、時には気まずい空気になりながらも、お互いが恋人ではなく微妙な関係を保ちながら進んでいきます。そのあたりがこの作品の1つめの見どころでしょう。

志賀春樹は目立たず人と触れ合うことを極力さけてきた人間ですが、桜良の病気を知り、また桜良自身と触れ合うことによってゆっくりと確実に心を開いていきます。

そして二つ目の見どころが桜良の親友・恭子の存在でしょう。

桜良は親友の恭子には病気のことを話していません。きっと話したらそれからの二人で過ごす時間が哀しく楽しめないものになってしまうと思ったからです。

なので恭子は、春樹と桜良が仲良くするのをよく思いません。むしろ親友を取られたと思い、春樹を目の敵にして睨みつけたりするんですよね。このあたりの部分がラストのシーンへの上手い布石になっていると思いました。

そして驚いたのが衝撃の桜良の死亡のシーンですね。これだけ膵臓の病気で余命数年とかいっていたのに、全く違うことで桜良はこの世を去ることになります。

いったいここにはどんな意図があったのか?明日が来ると当然のように思わないほうがいいとのメッセージなのか?またはこのような死因のほうが物語的にも上手くまとまったのだろうか・・・?

まあ確かにありきたりな作品でないことは認めますが、個人的にはこの桜良の死因とラストは疑問符がつけられる作品だなという印象でした。

いきなりの死亡なのに、遺書はしっかりと、しかもそこら中に隠して会って、とてもあと余命何か月か何年かの人がとる行動ではないな?と思いながら読んじゃいました。

それにタイトルの「君の膵臓をたべたい」の意味も、理解はできたがタイトルのインパクトに内容が負けている印象でした。

この本から生まれた名言

「誰かと心を通い合わせる事、誰かを認める、好きになる、嫌いになる、手をつなぐ、ハグをする、すれ違う。自分1人じゃ生きてるって分からない。だからこうして君といられてよかった。君がくれる日常が私にとって宝物なんだ。」     「桜良」

 

管理人の評価
・読みやすい    ★★★★☆
・人生に影響した  ★★☆☆☆
・感動した     ★★☆☆☆
・人に勧めたい   ★★☆☆☆
・子供に読ませたい ★★☆☆☆

 

スポンサードリンク

-住野よる

執筆者:

スポンサードリンク





読書中にちょっと一息