その他

話題作『三度目の殺人』を読んで。解説&あらすじ解説します。ネタバレあり!

投稿日:

宝島社出版の「三度目の殺人」は、映画からリメイクされた是枝監督作品のヒューマンドラマです!

スポンサードリンク

ストーリー

ある工場の社長が焼死体で発見された。犯人として逮捕されたのは30年前にも殺人の前科がある三隅だった。彼はクビになったことを恨んでの犯行として強盗殺人の罪で起訴、犯行の自供しているので死刑は確実とされていた。

弁護についたのは勝利至上主義の弁護士・重盛。彼自身にも中学生の娘がいて離婚裁判を争っている最中だった。彼は三隅の弁護を引き受けてなんとか無期懲役にまで持って行こうと試みていた。

だが、三隅は重盛と面会するたびに供述を変える。最初は計画殺人だと言っていたのに、途中から衝動的殺したと主張。3度目には被害者の妻から50万円という金額で依頼されて殺したと主張しだした。

調査をしていくにつれて、次第に違和感を感じていく三隅。そしてついに勝ち負けにこだわっているだけの弁護をやめて、ただ純粋に真実を知りたくなった重盛だったが、被害者の娘である咲江の証言により今までの調査事実が全て覆ることになり・・・。

スポンサードリンク

管理人の解釈と評価

映画では「ガリレオシリーズ」で湯川教授を演じた福山雅治さんや、役所広司さん、広瀬すずさんら豪華キャストが演じ話題となりました。

まずこの作品。確実に賛否両輪が別れると思います。どちらかというと私は否のほうかもしれませんね。

最後まで読んでも犯人がハッキリしない。そもそもタイトルの「三度目の殺人」の意味がわからない。ネットなどの評価を見てみると「日本の司法制度の在り方についてメスを入れた作品だ」とか「何度も読み返して初めてタイトルの意味がわかる」とかいろいろ書かれていますが、ハッキリ言ってそれは読んだ人も主観でしょう。私としては犯人はだれなのか?なぜ三隅はあのような証言をしたのか?をハッキリと明確にしてほしかったですね。

理解や解釈というのは十人十色です。一人の発言や感想を見て「あ~そんなんだ」と思う人もいるかもしれませんが、色々な方の感想や証言を参考にしないと真実には辿り着けませんよね。そういった意味では私もこの作品に関しては5~6つくらいの評価やレビューを読みましたが、ほとんどが「奥が深い素晴らしい作品だ」か「モヤモヤが残った納得いかない作品だ」の2つに分かれています。

皆さんのレビューのように「日本の裁判の在り方を描いた素晴らしい作品だ」というなら、タイトルの意味はどこにあるのか。父親から女の子を守った一人の男の素晴らしいヒューマンドラマだというなら、なぜ最後に犯人を明らかにしないのか。

私もこの作品に関してはモヤモヤが残る感じになりました。

そして真実が明らかにされないまま判決は死刑。かなりショッキングな内容とともに納得ができない結末でした。

もしかしたら私に理解力が無いだけなのかもしれませんが、もう少し簡略化して欲しかったというのが正直な感想です。もう少しシンプルでもよかったのかなと・・・。

ちなみに映画では福山雅治さん、役所広司さんなどの日本を代表する役者さんが演じていられるので見ごたえはバッチリでしたが、内容としてはイマイチ腑に落ちない結末になりました。

これから原作を読まれる人、映画を見る人はそのことを念頭に見ることをおすすめします。

この本から生まれた名言

「誰かを裁くって、誰が決めるんですか?」    「咲江」

 

管理人の評価
・読みやすい    ★★★☆☆
・人生に影響した  ☆☆☆☆☆
・感動した        ★☆☆☆☆
・人に勧めたい   ★☆☆☆☆
・恐怖度      ★★☆☆☆
スポンサードリンク

-その他

執筆者:

スポンサードリンク





読書中にちょっと一息