マンガ

手塚治虫火の鳥シリーズ『黎明編』を読んで。あらすじ・解説・ネタバレあり!

投稿日:

手塚治虫氏の不朽の名作「火の鳥」シリーズの第1弾。黎明編は3世紀の日本が舞台の日本誕生ストーリーが描かれています。

スポンサードリンク

ストーリー

ヤマタイ国の支配者であり絶対君主の女王・ヒミコは究極の生物になるために永遠の命と若さを追い求めていた。そして火の鳥の生き血を飲めば永遠の命が与えられることを知ったヒミコは、ひたすら火の鳥の生き血を追い求めて幾度となく兵士を動員するもいまだに手に入らずにいた。そしてそのヒミコの暴君ぶりを弟のスサノオは批判し、ヒミコと対立していた。

ヒミコは火の鳥が住んでいると言われている村クマソを滅ぼすように家来の猿田彦に命令。猿田彦はやむなくクマソを滅ぼします。そしてナギという少年を奴隷にします。このナギには姉夫婦がいたが、その姉夫婦は山の噴火によって、火の山の岸壁に閉じ込められてしまっていました。

そして物語は火の鳥を追うヒミコと、そのヒミコを批判するスサノオ。そして猿田彦と奴隷のナギ。さらには姉のヒナクとその夫グズリ。の3つの物語が交錯していきます。

果たしてヒミコは火の鳥の生き血を飲むことができるのか?奴隷になったナギの運命は?ヒナクとグズリは岸壁から脱出できるのか?

スポンサードリンク

管理人の解釈と評価

私は完全な手塚治虫っ子です。マンガというものを初めて見たのがこの火の鳥でした。なぜか小学校の図書室にあったんですよね~。読んだのは黎明編ではなく未来編でしたが、そこから一気に火がついて全シリーズを読破しました。なので間違いなく日本の歴史はこの「火の鳥」から学んでいると言っていいでしょう。

まずこの火の鳥という作品は、全部で12編の歴史長編物語であり、全ての話に超生命体と呼ばれる火の鳥が出てきます。そしてその誰もが火の鳥の命を狙っているという物語です。(実際に生き血を飲んだのは1人か2人だったかな?)

この「黎明編」はそのスタートになる作品ですね。邪馬台国の女王・卑弥呼が永遠の命と若さを求めて火の鳥を狙いますが、結局は生き血を飲むことはできません。人間は神にはなれないのです。

また火の鳥自体も神ではありません。同じ姿で永遠に生き続けるのではなく、何度も何度も生まれ変わりを繰り返しています。輪廻転生ですね。

つまり手塚治虫先生は、作品の中で「永遠なんてものは存在しない。すべては変わっていくものなのだ」とのメッセージを我々に伝えてくれているのです。

このような霊的に深い意味を持つ作品だからこそ、現在でも幅広い年齢層の人達に支持されているのだと思います。

そしてナギと猿田彦の人間愛。ヒナクとグズリの諦めない強さ。

人間という良きものはいかに弱くて、いかに強いかを我々に気付かせてくれる作品だと思います。

この本から生まれた名言

「人間は虫よりも魚よりも犬や猫や猿よりも長生きだわ。その一生のあいだに生きている喜びを見つけられればそれが幸福じゃないの?」     「火の鳥」

 

管理人の評価
・読みやすい      ★★★★★
・絵の見やすさ     ★★★★★
・感動した       ★★★★★
・人に勧めたい     ★★★★☆
・子供に読んであげたい ★★★★★

 

スポンサードリンク

-マンガ

執筆者:

関連記事

手塚治虫火の鳥シリーズ『鳳凰編』を読んで。あらすじ・解説・ネタバレあり!

手塚治虫氏の火の鳥シリーズ「鳳凰編」は、片目・片腕を失った我王の波乱に満ちた人生を描いた物語です! ストーリー 物語の舞台は奈良時代。主人公は2人。一人は大和の仏師・茜丸。そしてもう一人は犯罪者の我王 …

手塚治虫『アドルフに告ぐ』を読んで。あらすじ&解説します。ネタバレあり

手塚治虫氏の「アドルフに告ぐ」は、3人のアドルフに起こる数奇な運命の物語です! ストーリー 物語の主人公は日本の新聞記者・峠草平。彼の弟が彼に「渡したいものがあるから家に来てくれ」と伝言を残したまま殺 …

手塚治虫火の鳥シリーズ『異形編』を読んで。あらすじ・解説・ネタバレあり!

手塚先生氏の火の鳥シリーズ「異形編」は、因果応報から逃れられない時空空間に閉じ込められた物語です! ストーリー 物語の舞台は鎌倉~平安時代(たぶん・・・) 左近介という若者は可平という付き人を連れて琵 …

手塚治虫火の鳥シリーズ『宇宙編』を読んで。あらすじ・解説・ネタバレあり!

手塚治虫氏の火の鳥シリーズ「宇宙編」は、読む人に恐怖を与える終わりのないストーリーです! ストーリー 物語の舞台は西暦2577年の宇宙空間です。 宇宙調査隊の5人(城之内・猿田・奇崎・牧村・そして唯一 …

手塚治虫火の鳥シリーズ『羽衣編』を読んで。あらすじ・解説・ネタバレあり!

手塚治虫氏の火の鳥シリーズ「羽衣編」は、全40ページしかない歌舞伎風の物語です! ストーリー 物語の舞台は遠州三保の浜。 羽衣をまとった天女が空から降りてきて、海のあまりの美しさに大事な羽衣を待つの枝 …

スポンサードリンク





読書中にちょっと一息