エッセイ

高田純次『適当経典』を読んだ人へ。適当に人生を送りませんか?

投稿日:

高田純次氏の「適当経典」は、まさに人生のバイブル!これを読めば悩みなんか吹っ飛ぶこと間違いなしです!

スポンサードリンク

ストーリー

本書は、高田純次氏秘密のボランティア活動団体・千駄ヶ谷生活総合研究所にこの10年間寄せられた老若男女の人生の悩みに、高田氏が愛と救済の魂で応えた、一問一答の抜粋集である。(前書きより引用)

日本中の老若男女のあらゆる悩み89連発に日本一のテキトー男・高田純次が快刀乱麻の大回答!説明よりもまずは読んでみてくださいね!

スポンサードリンク

管理人の解釈と評価

私が日本で、いや世界で一番大好きで尊敬している高田純次さんの紹介です。

まずは一言!中身からっぽ!ペラペラです!でもその中でたまに深いことを言う純次おじさん。最高ですよね!こんな親父になりたいものです。

とにかくこの本に関しては説明はいらないです。ただ読んでください。それだけで全てが解ります。悩みなんか吹っ飛ぶこと間違いなしです。そして自分がなんて小さいことで悩んでいたんだと気づくことでしょう。

「読まなくてもいいよ。買ってくれれば」 高田純次

もう名言以外の何物でもないですよね。そんな自分中心のふざけた回答が89個も入っていて550円(税抜)ですから、買わなければ逆に損するでしょう。

ここでいくつかその内容を紹介します。(全部はダメですよ~)

Q・今太っていて70キロなんだけど、痩せる必要・・・ないよね?

純次・中途半端だからダメなんだよ。キリのいいところで100キロにしないと。食べたものが形になって現れるってすごいことだよ。われわれ凡人は、食べたものがウ〇コになって、結局は何も残らないんだから。

Q・おっぱいの中には何が入っているの?

純次・実を言うとね~。おっぱいの中には希望が入っているのよ。みんな希望を吸って大きくなっているんだよ。でも揉んだりしたらダメだよ。希望が欲望に変わっちゃうからね。ハハハハ。

Q・宝くじで1億円を当てる方法を教えてください。

純次・これが意外と難しそうに見えて、実は簡単。1億円が良く当たるお店ってあるでしょ?そこの宝くじを全部買い占めちゃうの。3年間これをやり続ければ当たる確率が高くなるはず。もし当たらなかったら別の店で3年間繰り返せば、当たるよ・・・・多分・・・。

まさに純次節炸裂!って感じですよね。こんなのが89個も載っているわけですから、こりゃ買わない手はないですね。

悩んでいる人、悩みなんかない人、これから悩もうとしている人、すべての人におすすめしたい一冊です!ただ子供にはおすすめはできませんけどね(笑)

この本から生まれた名言(たくさんある中から抜粋しました)

「人生ナメるが勝ち」  「上司の机でウンコ」  「コンサートよりもインサート」  「僕の言うことの95%は嘘だよ」  「ごめんなさいね~。いい人で」 「高田純次」

 

管理人の評価
・読みやすい    ★★★★★
・人生に影響した  ★★★★☆
・感動した     ★★★★★
・人に勧めたい   ★★★★★
・子供に読ませたい ☆☆☆☆☆
スポンサードリンク

-エッセイ

執筆者:

関連記事

村上春樹『もし僕らの言葉がウィスキーであったなら』はとてもオシャレなエッセイ集?

村上春樹のエッセイ『もし僕らの言葉がウィスキーであったなら』を読んでみました。 読んだ後、お気に入りのウィスキー「ボウモア」を飲んだのは、僕だけではないかもしれない・・・。 ストーリー あの村上春樹が …

劇団ひとり『陰日向に咲く』は現代社会で不器用に生きる人々の物語でした!(ネタバレあり)

劇団ひとりさんの「陰日向に咲く」は、彼のデビュー作であり、映画にもなった作品です! ストーリー 第1話・道草 家族もいて仕事もある。普通に考えれば幸せなのかもしれない僕の人生は、一体何なのだろうか?そ …

西村賢太『二度はゆけぬ町の地図』は芥川賞作家の渾身の私小説集でした!

西村賢太氏の「二度は行けぬ町の地図」は、かなり癖のある主人公の奮闘記?でした。 ストーリー 主人公・北町貫多が17歳の時の物語。港で日雇い労働者として働くも、その日給をほぼ毎日飲み代や風俗で使ってしま …

須藤元気『神はテーブルクロス』は哲学と笑いが融合した、幸せに生きるための本です!

元格闘家で哲学者でもある須藤元気さんの「神はテーブルクロス」を読んでみました。スピリチュアルな目覚めを経験した須藤さんの思考や生き方が、笑いを交えてとてもユニークに書かれています。 ストーリー 四季の …

スポンサードリンク





読書中にちょっと一息