ミステリー 横山秀夫

横山秀夫『影の季節』は、今までにない全く新しい警察小説だった!

投稿日:

横山秀夫氏の「陰の季節」はD県警シリーズの第一弾!あの二渡真治が初登場する短編集です!

スポンサードリンク

ストーリー

第1話・陰の季節

D県警に新しい警務部長がやってきた。彼は元県警の刑事部長で今は建設会社関連の役員に天下りした尾坂部が、今の職を辞そうとしないので説得してこいと二渡に命令する。二渡は尾坂部に合って説得を試みるが上手くいかない。それどころか尾坂部は刑事を辞めてもまだ一つの未解決事件を追っていることに気付いた。

第2話・地の声

監察課監察官の新堂のもとにタレコミが入る。Q警察署の生活安全課課長である曽根が、あるパブのママとできている。ホテル69で密会している。というものだった。新堂は曽根を昔から知っているがとてもそんなことのできる男ではない。彼はこのタレコミは曽根を恨んでいる人間のデマだと感じ捜査を始めることに。

第3話・黒い線

婦警担当係長の七尾友子は、同僚の瑞穂が無断欠勤後、行方不明になったことで上司から瑞穂を探すように命令を受ける。瑞穂は先日ある事件の犯人の似顔絵を描いて、その絵がきっかけで犯人が逮捕されたほどの絵の上手な女性だった。友子は必死になって瑞穂の行方を捜すが・・・。

第4話・鞄

次の県議会で警察に対する爆弾を発表する。そう言い放ったのは鵜飼という県議だった。彼は警察への報復のつもりか、それとも何かの恨みでもあるのか。この爆弾がどのようなものなのかを警務部秘書課の拓殖が探り出すことに!果たして真実は?

スポンサードリンク

管理人の解釈と評価

警察小説を書かせたら右に出るもののいない、横山秀夫先生の短編小説ですね。短編集とは思えないほどの完成度の高さです。

タイトルの「陰の季節」はドラマ化もされており、第5回松本清張賞も受賞した人気の高い作品ですが、他の3話もそれぞれしっかりとした内容で、一気に読んでしまいました。

ここで出てくる二渡という刑事がD県警シリーズの主役とも言うべき男ですね。彼は「64」や「第三の時効」などで活躍することになりますが、それはまた別のお話ということで・・・。

さて個人的なおすすめはやはり「陰の季節」ですかね。

他の3話も良かったのですが、やはりタイトルにもなっている「陰の季節」が断トツという印象でした。

人を追い詰めるには言葉や圧力だけじゃない。沈黙やただ普段通りにしているだけで十分追い詰めることが出来る人間って怖いですよね。もし僕が犯人でも同じように自殺してると思います・・・(笑)

警察の内情や専門用語が多く出てくるので、慣れないうちは読みにくいかもしれませんが、内容はとても面白いので、ミステリーに慣れている人にはちょうど良い短編小説かもしれません。

この本から生まれた名言

「ホシはどこかで死んじまってるんじゃないか。そう思った奴はそこでデカの寿命が終わる」    「陰の季節」より

 

管理人の評価
・読みやすい    ★★★☆☆
・人生に影響した  ★★☆☆☆
・感動した(トリックに)  ★★★☆☆
・人に勧めたい   ★★★★☆
・恐怖度      ★☆☆☆☆
■ミステリー評価  B
スポンサードリンク

-ミステリー, 横山秀夫

執筆者:

関連記事

森村誠一『人間の証明』を読んで。何度もドラマ化される理由が分かった!(ネタバレあり)

森村誠一氏の「人間の証明」は、感動で涙が止まらなかった人間ドラマの最高峰です! ストーリー 高さ150mの超高層ホテルの最上階にある「スカイダイニング」そこに向かっているホテルのエレベーター内で、刺殺 …

東野圭吾『黒笑小説』を読んでみました。皮肉とブラックジョークに満ち溢れた本でした。

東野圭吾氏の「黒笑小説」は、ブラックジョークが大好きな人におすすめの、皮肉たっぷり小説です。! ストーリー 全13話の短編集です。 第1話・もうひとつの助走 寒川はなかなか目の出ない作家。だが今回の作 …

森村誠一『雪の絶唱』は情念をテーマにしたミステリー短編集です!(ネタバレあり)

森村誠一氏の「雪の絶唱」は、全6編からなる短編ミステリー集です! ストーリー 第1話・雪の絶唱 不倫相手の房子から妊娠3ヶ月との話を聞いて、戸惑う船越。彼にはちゃんとした妻もいて別れる気はない。だが房 …

横山秀夫『64』は、ミステリー史上最高傑作の呼び声高い究極の警察小説です!(ネタバレあり)

横山秀夫氏の「64」は、「このミステリーがすごい!」で年間1位!驚愕のラスト。涙無くしては読めないミステリーの金字塔です! ストーリー わずか7日間しかなかった昭和64年。その7日間の間に起きた未解決 …

誉田哲也『シンメトリー』を読んでみました。詳しく解説します。(ネタバレあり)

あの女優・竹内結子さんが演じた「ストロベリーナイト」の姫川玲子シリーズの第3弾。短編集になっているので読みやすく、ミステリー初心者にもおすすめの1冊です。 ストーリー 全7話から構成されている短編ミス …

スポンサードリンク





読書中にちょっと一息