ミステリー 東川篤哉

東川篤哉『交換殺人には向かない夜』は、ギャグ満載のトリックに騙されます!(ネタバレあり)

投稿日:

東川篤哉氏の「交換殺人には向かない夜」は、変わった殺人を行う本格挑戦ミステリーです!

スポンサードリンク

ストーリー

東川篤哉さんの烏賊川市シリーズの4作目となる本作は、3つのグループの視点で物語が進行していきます。

グループ・A

探偵・鵜飼のもとに浮気調査の依頼にやってきた二宮朱美。彼女は鵜飼の探偵事務所が入るビルのオーナーでもあった。鵜飼は快く引き受けることに。そしてある山奥の屋敷に潜入することになる。

グループ・B

探偵・鵜飼の弟子である流平のもとに1本の電話がかかってきます。相手はかつての作品「密室に向かって撃て!」で登場してきた天然のお嬢様・十乗寺さくら。彼女はカメラを買いたいのだが詳しくないので一緒に来てほしいとお願いしてきた。

グループ・C

大雪の日、鶴見町の鶴見通りでわき腹を刺された女性の死体が発見されます。とても高貴な身なりをしていてセレブ風のこの女性の殺人事件を、砂川警部と志木刑事が担当することになり、捜査を進めていくことに。

スポンサードリンク

管理人の解釈と評価

タイトルからも見て分かる通り、物語は「交換殺人」がテーマになっています。AさんとBさん、いずれも接点のない2人が、それぞれ殺してほしい人を代わりに殺す。加害者と被害者には直接的な接点はない。したがって警察に容疑者として疑われる可能性が低くなる。というのが交換殺人のメリットですね。

至る所のシーンにユーモアがちりばめられていて、なかなか面白かったです。視点が3つに分かれて進んでいく物語もとても良かったと思います。

読みやすくもあり、長編ミステリーに慣れていない人にも楽しめる作品になっています。ただやはり東川篤哉さんの独特の書き方というか、世界観は全面にだされており、相変わらず好みの別れる作品だなと感じました。

この本から生まれた名言

「酒の席で女優を演じる。酒宴女優ですね!」    「流平・さくら」より

 

管理人の評価
・読みやすい    ★★★☆☆
・人生に影響した  ★☆☆☆☆
・感動した(トリックに)  ★★★☆☆
・人に勧めたい   ★★★☆☆
・恐怖度      ★☆☆☆☆
■ミステリー評価  

 

スポンサードリンク

-ミステリー, 東川篤哉

執筆者:

関連記事

東野圭吾加賀恭一郎シリーズ『どちらかが彼女を殺した』は後味悪いミステリー?(ネタバレあり)

東野圭吾氏の「どちらかが彼女を殺した」は加賀恭一郎シリーズの第3弾です。 ストーリー 最愛の妹が死んでいた。愛知県警豊橋署に勤務する和泉康正は、東京で一人暮らしをしている妹・園子の部屋で園子の死体を目 …

東野圭吾『聖女の救済』を読んでみました。詳しく解説します。(ネタバレあり)

東野圭吾氏の「ガリレオ」シリーズ『聖女の救済』は、子供が出来ないことを理由に離婚を切り出された女性が、完璧なアリバイで夫を殺害する悲しいスタートのミステリー小説です ストーリー IT企業の経営者の真柴 …

吉田修一『怒り』を読んで。詳しく解説します。ネタバレあり

吉田修一氏の「怒り」は、映画化もされた天才作家・吉田修一が描いた渾身のミステリーです! ストーリー 物語の舞台は東京・千葉・沖縄の3箇所。八王子で起きた夫婦殺人事件の犯人・山神を追って物語はスタートし …

エドガー・アラン・ポー『モルグ街の殺人』のネタバレ。世界最初の推理小説に迫る!

1841年に発表された、エドガー・アラン・ポーの推理小説で、世界最初の推理小説と言われています。それならぜひ読まなければと思い読んでみました。 ストーリー フランスはパリにあるモルグ街で一つの殺人事件 …

横山秀夫『64』は、ミステリー史上最高傑作の呼び声高い究極の警察小説です!(ネタバレあり)

横山秀夫氏の「64」は、「このミステリーがすごい!」で年間1位!驚愕のラスト。涙無くしては読めないミステリーの金字塔です! ストーリー わずか7日間しかなかった昭和64年。その7日間の間に起きた未解決 …

スポンサードリンク





読書中にちょっと一息