ミステリー 東野圭吾

東野圭吾ガリレオシリーズ第四弾『ガリレオの苦悩』あの湯川学に挑戦してきた殺人方法とは?

投稿日:2019-02-17 更新日:

東野圭吾氏のガリレオシリーズ第四弾は、帝都大学准教授・湯川学を再び捜査に協力させるためのヒストリーです。

スポンサードリンク

ストーリー

第三弾「容疑者Xの献身」からしばらく身を引いていた湯川学の復活劇というべきストーリーが全部で5話掲載されています。そしてこの作品からあの女刑事・内海薫が登場します。

第1話・落下る(おちる)

ピザの配達員である三井は、目的のマンションについてピザを届けようと中に入るや否や、傘を差した男性にぶつかる。何も言わないで立ち去ろうとする男性に声をかけて文句を言おうとしたその時、マンションの上から女性が降ってきた。

第2話・操縦る(あやつる)

友永幸正は元帝都大学の助教授であり、湯川学は教え子であった。ある日幸正は教え子たちを自宅に招いてパーティーを開こうとしていた。湯川も当然出席するつもりで友永邸に向かう。すると友永家の離れにある家が燃え出し男の死体が見つかった。その男とは友永の長男である邦宏だった。

第3話・密室る(とじる)

ペンションを経営している友人の藤村から、至急ペンションに来てほしいと招待される。ペンションに訪れた湯川は、ある客がガードレール下に落下して死んでしまったのだが、何かおかしいので湯川に捜査してほしいと言う。友人の頼み通りに捜査をし出す湯川。すると今度は「もう調べなくていい。やめてくれ」と逆のことを言い出した。

第4話・指標す(しめす)

真瀬葉月は、ある事件で母親である真瀬貴美子に殺人の疑いがかかっていることをしり、無実を晴らすために一匹の番犬を探すという行動に出る。そして水晶とダウジングでついにその番犬を見つける。だがそれは番犬の死骸だった。内海薫は、警察が捜査しても見つけられなかった番犬の死骸を、水晶とダウジングで見つけたという葉月に疑いを持つが・・・。

第5話・攪乱す(みだす)

名探偵・湯川学に挑戦状がたたきつけられた。その相手は「悪魔の手」と名乗り、自分の犯罪を止めてみよと言い出す。最初は相手にしない湯川だが「悪魔の手」が予告したとおりの事故が発生すると、ついに湯川助教授も謎解きに乗り出した。

スポンサードリンク

管理人の解釈と評価

ガリレオシリーズの1話完結ものでは、一番読みやすくまたトリックも科学に疎い人間でもわかりやすいものに仕上がっています。

第1作目では読みにくかった表現や描写も、本作では、素人にもわかりやすく解説されているのはさすがだなと思いました。もう何回も読んでいるのに、このブログを書こうと決めてから再び手に取ったら、結局ブログそっちのけで最後まで読んでしまうんですから、東野圭吾マジックと読んでおきましょう(笑)

さて見事に復活を果たした湯川助教授の、さらなる飛躍となる本作は、今までの作品よりも、完成度の高いものに仕上がっています。

私はガリレオシリーズは読むよりも見る!を推奨するほうでしたが、今作は読むでも十分楽しさが伝わってくる内容だと思うます。

この作品より一つ前の「容疑者Xの献身」で東野圭吾氏はガリレオシリーズは終わる予定だったそうですが、新たな刑事・内海薫(映画では柴咲コウさんが演じてますよね)を登場させたことにより、再び復活させることにしたそうです。

個人的なおすすめはやはり「攪乱す(みだす)」ですね。

天才科学者・湯川学と邪悪な犯罪者・悪魔の手との駆け引き!必読です!

この本から生まれたの名言

「みんな言っているよ。お前は科学者としては素晴らしいって・・・」    「攪乱す(みだす)」

 

管理人の評価
・読みやすい    ★★★★☆
・人生に影響した  ★★☆☆☆
・感動した     ★★★☆☆
・人に勧めたい   ★★★★☆
・恐怖度      ★★☆☆☆
■ミステリー評価 B
スポンサードリンク

-ミステリー, 東野圭吾

執筆者:

関連記事

東野圭吾ガリレオシリーズ第七弾『虚像の道化師』湯川学の真骨頂はこれだ!

東野圭吾氏のガリレオシリーズ第七弾「虚像の道化師」は、湯川学のさらなる魅力(?)が明らかになる作品です! ストーリー あの湯川学が再び7つの難事件に挑む。 第1話・幻惑す(まどわす) 雑誌記者の奈美は …

東野圭吾『犯人のいない殺人の夜』はいくつもドラマ化されている短編ミステリーです。

東野圭吾氏の「犯人のいない殺人の夜」は、人間の欲望や心理描写が見事に描かれた短編ミステリーです! ストーリー 東野圭吾氏の傑作の短編ミステリーが7話収録。そのどれもが見ごたえ十分の一気読み間違いなしの …

湊かなえ『花の鎖』を読んでみました。詳しく解説します。

2007年「聖職者」で新人賞を受賞。08年には「告白」がミステリーベスト10に選出された「イヤミス(イヤなミステリー)の女王」と呼ばれている湊かなえさんの名作『花の鎖』は3人の女性をつなぐ悲しい物語と …

東野圭吾加賀恭一郎シリーズ『どちらかが彼女を殺した』は後味悪いミステリー?(ネタバレあり)

東野圭吾氏の「どちらかが彼女を殺した」は加賀恭一郎シリーズの第3弾です。 ストーリー 最愛の妹が死んでいた。愛知県警豊橋署に勤務する和泉康正は、東京で一人暮らしをしている妹・園子の部屋で園子の死体を目 …

東野圭吾『毒笑小説』を読んでみました。毒づいた笑いが満載の傑作本でした。

東野圭吾氏の「毒笑小説」は、毒舌満載の笑いがこみ上げてくる短編集です! ストーリー 東野圭吾氏の「〇笑小説シリーズ」の第2弾。全12話が掲載されています。 第1話・誘拐天国 大金持ちの福富豊作は、人生 …

スポンサードリンク





読書中にちょっと一息