サスペンス 木下半太

木下半太シリーズ第四弾『奈落のエレベーター』は『悪夢のエレベーター』の続編?(ネタバレあり)

投稿日:2019-02-08 更新日:

木下半太氏の悪夢シリーズ第四弾『奈落のエレベーター』は「悪夢のエレベーター」の続編でした。さらなる恐怖とどんでん返しが待ち受けていました。

スポンサードリンク

ストーリー

注・前作の「悪夢のエレベーター」を読んでいない人にはネタバレになってしまうので、読まないでください。

あの悪夢のエレベーターから脱出したカオルは、小川の不倫相手の陽子を殺すために部屋へと近づいていく。なんとカオルは依頼者である麻奈美の妹だったのだ。

カオルの行動

唯一の肉親であり信頼できる姉の麻奈美を裏切った小川と陽子を、カオルは許すことができなかった。小川は殺された。次は陽子の番だと思っているのだ。陽子の部屋に行き、麻奈美の妹であることを話して部屋に上がると持っていたカッターナイフで陽子を切りつける。そして弄ぶように陽子を痛めつけどうやって殺すかを考えていると、いきなりインターフォンが鳴る。そこには三郎が立っていた。

三郎の行動

同じくエレベーターからでた三郎は、カオルを追いかけて陽子の部屋に向かう。カオルはすでに陽子の部屋に入り込みどうやってカオルを殺すかを考えていた。いったんは居留守をつかわれるが隣の部屋から陽子の部屋に忍び込もうとベランダを渡っている途中で携帯電話が鳴る。その音に気付いたカオルは出刃包丁で三郎を切りつけ、ベランダから落とそうとする。そしてもがいているうちに三郎は下に転落。気が付くとそこには警察官が二人立っていた。

マッキーの行動

マッキーはエレベーターを出てクルマの中で三郎の帰りを待っていると、恐ろしいほど怪しい男に声をかけられる。その男に小川の殺害シーンを見られていたのだ。三郎に電話をしてもつながらない。そしてその男に脅迫され半ば拉致状態で連れ去られてしまう。気が付くとそこには三郎の兄が半死の状態で囚われていた。そして三郎に渡した睡眠薬のありかを吐けと脅される。

 

スポンサードリンク

管理人の解釈と評価

悪夢のエレベーターで生き残った三人の更なる恐怖が面白おかしく書かれています。

前回は章ごとで視点が分けられていましたが、今回は章ごとのページ分けはなく、初めのカオルの猟奇的なシーンから最後まで一気に転げ落ちていくようなストーリーがとても愉快です。

特にカオルのブッ飛んだキャラは、この本を面白くしてくれている大事な要素です。義理の兄を不倫相手をそこまで楽しんで殺そうとするのか!と読んでいてワクワクが止まりませんでした。

読みやすさは悪夢のエレベーターの方が読みやすかったですが、恐怖度はこちらが上ですね。カオルの狂気さが最初から隠すことなく全面に出ているのでドンドン入り込んでいきます。

ただ1点だけ、話が二転三転しすぎていく感が否めなかったです。悪夢のエレベーターはどんでん返し程度でしたが、この奈落のエレベーターは大どんでん返しくらいの展開なので、最後のほうはちょっと飽きてきた部分もあるかなと思います。

ただ、悪夢のエレベーターの続編なので、前作を読んだ人はぜひ手に取ってみてくださいね。

この本から生まれた名言

「これで五個目です」

「何の数よ・・・。」

「今までえぐった眼球の数ですよ」      「銀行員」

 

管理人の評価
・読みやすい    ★★★☆☆
・人生に影響した  ★★☆☆☆
・感動した     ★★★☆☆
・人に勧めたい   ★★★★☆
・恐怖度      ★★★★☆

 

スポンサードリンク

-サスペンス, 木下半太

執筆者:

関連記事

木下半太シリーズ第十弾『悪夢の水族館』は洗脳された詐欺本?!(ネタバレあり)

木下半太氏の悪夢シリーズ第十弾「悪夢の水族館」は、ペテンだらけの騙し合いの本でした! ストーリー 信次と晴夏 沖縄の水族館になってきた信次と晴夏は、明日、永遠の愛を誓いあう結婚式を挙げる予定。そして二 …

木下半太シリーズ第九弾『悪夢の六号室』は久しぶりの裏切りの連続です!(ネタバレあり)

木下半太氏の悪夢シリーズ第九弾「悪夢の六号室」は、未だかつてないほどのスピード感と裏切りの連続で息も付けないほどの作品です。 ストーリー タイトルは「悪魔の6号室」となっていますが、物語は5号室と6号 …

木下半太シリーズ第五弾『悪夢のギャンブルマンション』の結末はいかに!(ネタバレあり)

木下半太氏の悪夢シリーズ第五弾「悪夢のギャンブルマンション」は勝つまで脱出不可能なマンションに閉じ込められた男達(オカマ?)の一発逆転ゲームです。 ストーリー 再びオカマのマッキーが登場する(もうこの …

木下半太シリーズ第八弾『悪夢の身代金』は驚愕の結末が待っていた!(ネタバレあり)

木下半太氏の悪夢シリーズ第八弾「悪夢の身代金」は、サンタクロースの代わりにお金を運ぶことになった女子高生の奮闘劇です。 ストーリー 注!本の初めにプロローグが2つあるが、ここではあえてそこには触れずに …

宮部みゆき『地下街の雨』を読んで。サスペンスも交じった七つの短編集です!(ネタバレあり)

宮部みゆき氏の「地下街の雨」は、都会で生きる人間たちの夢と幻想の物語です! ストーリー 第1話・地下街の雨 結婚式のわずか2週間前に婚約破棄された麻子。職場結婚の予定だったから仕事も辞めてしまった。廃 …

スポンサードリンク





読書中にちょっと一息